広告 コート

ウールコートをクリーニングに出すと痛む?値段が高い?おすすめをご紹介

 

ウールコートってクリーニングに出すと痛むって聞いたから、出さない方がいいのかな?
クリーニングに全く出さないのもどうなのかしら。でもウールコートってクリーニング代が高そうよね
ウールコートをクリーニングに出すのが心配かな?

大事なコートだから心配だよね。

今回は、ウールコートのクリーニングについて調査し、おすすめの方法やサービスを紹介するよ!

 

ウールコートをクリーニングに出すと痛むのか?

ウールコートをクリーニングに出すと痛むかというと、

適切な方法でクリーニングをすればクリーニングにウールコートを出すと痛む、ということはほとんどありません

 

ウールコートをクリーニングに出すと痛んでしまうと聞いたから・・・。

このようなお悩みでクリーニングに出していなかった方もいると思います。

大切なコート。もしクリーニングに出して痛んでしまったら・・・と心配する気持ちは分かります。

だけど大丈夫!

専門のクリーニングサービスでは、ウールコートを適切に処理するための専門知識や技術を持っています。

クリーニング業者に依頼することで、ウールコートが痛まずに綺麗に仕上げてもらえます

 

クリーニングに全く出さないのも、ウールコートにとっては良くないのです。

目に見えなくても汚れは溜まっていきます。摩擦で毛玉もできやすくなります。気づいたら、大切なウールコートが毛玉だらけ・・・、くすんでいる・・・といったことになってしまうかも。

過去にクリーニングに出さずにおいたら、カビが生え、嫌な臭いがして、コートが着れなくなってしまったことがあります。

お気に入りのコートだったのですが、結局捨てるはめに・・・。

大切なコートなら長く着たいですよね。

それなら尚のこと、クリーニングに出した方がいいです

ただ、ウールコートはデリケートな素材であり、適切なクリーニング方法を選ばないと痛んでしまうことがあるため、クリーニング店選びにも注意が必要です。

特に、水洗いや乾燥機を使用しようしているところは避けた方がいいでしょう。

ちゃんとしたクリーニング店に任せたら大丈夫ってことね!
そう!だけど、1つ注意しておいて。

 

ウールコートを頻繁にクリーニングに出すのもNG

 

 

 

 

 

 

 

 

クリーニングに出した時に行われる「ドライクリーニング」は、水を使わず特殊な石油剤を使って汚れを落とします。

水を使わないので、生地が傷みにくく、形も崩れにくいのがドライクリーニングの特徴ですが、ウールコートの場合は、ウールの中に含まれている油分も一緒に洗い落とされてしまいます。

洗う度にツヤがなくなり、ウールが薄くなっていくように感じるのは油分が失われていってしまっているからです。

なので、クリーニングに出し過ぎることが、ウールコートを傷める原因になってしまうのは事実なので、ワンシーズンに1回を目安にクリーニングに出すようにしましょう。

 

ウールコートのクリーニング代は高くなるのか?

クリーニング費用はサービス業者や地域によって異なりますが、ウールコートのクリーニングは一般的に他の素材に比べてやや高額になる傾向があります。

それは、ウールの特性やクリーニング方法の特殊性によるものです。

しかし、ウールコートは高品質なアイテムであり、適切なメンテナンスを行えば長く愛用することができます。

クリーニング費用はウールコートの寿命を延ばすための投資と捉えることもできます。

 

ウールコートのクリーニング・おすすめは?

ウールコートのクリーニング店選びには2つのポイントがあります。

ポイント

  1. ドライクリーニング
  2. 静止乾燥(自然乾燥)

1.ドライクリーニング

ウールコートは水に弱い素材ですので、ドライクリーニングが適しています。

ドライクリーニングは水を使わずに溶剤を利用して洗浄する方法です。この方法により、ウールの繊維を傷めることなく汚れを落とすことができます。

ただし、ドライクリーニングは「油溶性」の汚れしか取ることができません。

コーヒーやジュース、汗などの「水溶性」の汚れを取ることができないので、汚れを取りたい場合は、汗抜きなどのオプションをプラスで使うのがおすすめです。

 

2.静止乾燥(自然乾燥)

ほとんどのクリーニング店ではドラム乾燥で乾燥されています。

しかし、この乾燥機の中で服を回転させて乾燥させるドラム乾燥はウールコートの生地を傷める原因にもなってしまうので、衣類をハンガーにかけて低温の温風で乾燥させる静止乾燥(自然乾燥)をしているところを選んだ方が、ウールコートを傷めずに済みます

 

おすすめのクリーニング店

ウールコートのおすすめのクリーニング店は

  • リナビス
  • キレイナ

の2店です。

どちらも宅配クリーニングなので、自宅にいるだけで、注文から受取が完了します。

 

リナビス

料金

5点:9,810円【1点:1,962円】

10点:14,900円【1点:1,490円】

15点:19,800円【1点:1,320円】

20点:23,500円【1点:1,175円】

送料 無料
納期 最短5日
クリーニング方法 ドライクリーニング
乾燥方法 静止乾燥(自然乾燥)

衣類1点1点を見分し、依頼がなくてもシミなどがあれば無料でやってくれます。

乾燥方法も静止乾燥(自然乾燥)

パック制を採用しており、1点では値段が高めになりがちなコートもまとめて出すと安くなります。

ウールコートも安心して任せられます。

\\ もっと詳しく知りたい!申し込みは?公式ホームページはこちら //

 

キレイナ

料金

8,800円~

毛皮のコート24,200円

送料

【本州/四国/九州】

合計金額11,000円(税込)以上で往復送料無料

【北海道/沖縄/離島】

合計金額22,000円(税込)以上で往復送料無料

◎送料(税込)・・・往復2,200円(片道1,100円)

納期 4~8週間
クリーニング方法 ウェットクリーニング
乾燥方法 静止乾燥(自然乾燥)

 

あれ?クリーニング方法がキレイナは水洗いだけど・・・。

 

ウールコートを傷めずにクリーニングする方法として、「ドライクリーニング」をおすすめしました。

しかし、キレイナではドライクリーニング表示マークが付いている衣類でもウェットクリーニングを行ってしっかりと汚れを落としてくれる高級ブランド専門のクリーニング店です。

 

さっき、ドライクリーニングのデメリットとして、コーヒーや汗などの「水溶性」の汚れは落とせないことをあげたよね?

この水溶性の汚れは、水洗いクリーニングなら落とせるから、汚れをしっかりと落としたい場合は、キレイナのように確かな技術でドライクリーニングの衣類も水洗いを行って、汚れをしっかりと落としてくれるところに頼むのもありなんだ!

 

キレイナでは、水洗い不可の衣類も特殊な技術を使ってウェットクリーニングを行い汚れをしっかりと綺麗に落としてくれます

確かな技術を持っているクリーニング店でしかできない技で、キレイナでは数々の実績があり、その腕は確かなものです。

 

\\ 申し込みはバナーをクリック //

 

まとめ

ウールコートをクリーニングに出すと痛むのか?

適切な方法でクリーニングをしてくれるところであればその心配はありません。

ウールコートのクリーニング代は、クリーニング店によって異なりますが、一般的に高めになっています。

適切な方法でクリーニングしてくれるところを選び、ワンシーズンに1回を目安にクリーニングを出せば、大切なウールコートも長く愛用することができます。

ウールコートのクリーニング選びのポイントとしては、

  • ドライクリーニング
  • 静止乾燥(自然乾燥)

をしているクリーニング店です。

おすすめは「リナビス」です。

 

ですが、ドライクリーニングはコーヒーや汗などの「水溶性」の汚れを落とすことができないというデメリットがあります。

汚れをしっかりと落としたいという場合は、オプションとして「汗抜き加工」をプラスして頼むか、確かな技術を持ったウェットクリーニングを行ってくれるところを選ぶと良いでしょう。

おすすすめとして「キレイナ」を紹介させて頂きました。

キレイナはドライマーク、水洗い不可でも特殊な技術を使ってウェットクリーニングを行い、ウールコートを綺麗に蘇らせてくれます。

数々の実績もあり、確かな技術を持っているので安心して任せられます。

 

\\ キレイナへの申し込みはここをクリック! //

宅配クリーニング【キレイナ~KILEINA~】

 

 

 

-コート